ザイロリックの効果

高尿酸血症に伴う安全性の高い歴史深い薬

まずは、ザイロリックという薬は一体何か?短的に申し訳あげると尿酸値を下げる薬です。尿酸値が高いと痛風になるだけと一般的尿酸値は思われていますが、無症状のまま尿酸値が高くなると、腎機能が低下してCKDのリスクが高くなってしまいます。

現在では尿酸値を下げる薬は、以前に比べて何種類か追加販売されていますが、今尚多くのDRが使用する薬として重宝されています。ザイロリックは成分名がアロプリノールという名前で、複数メーカーがジェネリック販売を行なっていますが、先発医薬品であるザイロリックは今もなお使用され、多くの患者も先発医薬品であるザイロリックを選択しているのが現状です。

ザイロリックは生体内で尿酸を作り出す酵素である、キサンチンオキシダーゼを阻害する事により効果を発揮します。最高用量300mgまで使用する事ができ、尿酸値の下がりにくさなど薬の効果の出方が個人で違うため用量調整をする事が出来る点もメリットが高いです。昔からある薬の方が、効果が出にくい新薬の方が効きそうなどのイメージは高いですが、新薬は副作用情報が不十分なため、新規の副作用には対応できないケースがありますが、副作用データーが多数揃っているザイロリックであればその心配はありません。

理由は、たくさんのデータから集められた副作用に対する対処法が見つかっているからです。市場に多数の新薬が出ている中今だに重宝されているザイロリックは切っても切り離せない薬として今でもなお利用されている、高尿酸血症治療薬のバイプレイヤーです。