ザイロリックの通販

ザイロリック服用時に見られる副作用をあらかじめ知っておこう

・皮膚や消化器に不安がある人は特に医師への相談をおすすめします
尿酸値や痛風が気になるという人の治療に広く用いられているザイロリックですが、どのような副作用が多く報告されているのでしょうか。ザイロリックに多く見られる副作用のタイプの一つに、皮膚に現れる症状があります。その中でも多く見られるのが皮疹で、およそ0.9%の割合で報告されています。特に夏などは虫刺されなどと勘違いしやすいため、身体のどの部位であってもかゆみがでた場合は軽く見ず、必ず医師に相談しましょう。その他、脱毛や浮腫などの報告例もあるので注意が必要です。
次に多く報告されているのが、消化器に起こる不調になります。消化器系で一番多く報告されているのが、胃もたれなどの胃の不快感になります。約0.67%の発現率が報告されており、その次が下痢や食欲不振などです。こちらも食べすぎなどと勘違いしやすい症状になるため、ザイロリックの服用の際に起こり得る症状であることを覚えておきましょう。

・それ以外の報告例とは
その他、痛風発作の誘発や倦怠感なども報告されています。特に、痛風の治療でザイロリックを服用している人にとっては痛風発作の誘発という点に注意が必要です。そして、非常にまれですが、中毒性表皮壊死融解症などの重大な副作用も報告されています。
用法などをきちんと理解した上で利用すればそのような心配はほとんどありませんが、不安だという人は自分の今の状態や他に服用している薬などを医師に伝え、指示を仰いでから服用するとよいでしょう。