ミノマイシン

ミノマイシンの服用方法は1日に1回から2回服用し飲むときにはポイントがある

ミノマイシンの服用方法は一般的な成人であれば、100ミリグラムから200ミリグラムを、1日1回から2回に分けて服用します。小児の場合は体重1キロあたり、2ミリグラムから4ミリグラムを上限とし1日に1回から2回に分けて服用します。1日1回の場合では朝食後か夕食後に服用するのが特徴で、1日に2回の場合では朝食後と夕食後に服用します。

そしてミノマイシンの服用を忘れてしまったときには、飲み忘れに気が付いたら1回分を服用します。しかし次の服用時間までに、短い場合では服用はしないで1回分はスキップするのが方法です。
また、ミノマイシンを服用するときにはポイントがあり、飲み合わせに注意しなければならない薬があります。その薬とは、カルシウム剤や鉄剤で飲み合わせに注意が必要です。なぜこれらの薬が注意する必要があるのかというと、ミノマイシンの吸収を妨げてしまう可能性があるからです。

そしてミノマイシンを服用するときには、乳製品を一緒に飲むと効果が弱まってしまいます。それは牛乳やヨーグルトに含まれるカルシウムがミノマイシンに付いてしまい、体に吸収されにくくなるからなのです。
もしミノマイシンを服用しているときに牛乳が飲みなくなったりヨーグルトを食べたくなった場合には、服用した前後の2時間程度を開けて飲めば問題ないと言われています。

一方でミノマイシンと乳製品を一緒に食べても健康に被害があるというわけではないものの、薬の効果が減ってしまうことは耐性菌のリスクを上げてしまうので要注意です。耐性菌ができてしまうと、ニキビなどの治療がしにくくなると言われています。