パキシルの副作用やデメリットについて

パキシルの副作用やデメリットについてご存知ですか?

さまざまな不安障害に効果をもたらすパキシルですが、使う人を選ぶ薬ではあります。効果が高すぎて通常運転を通り越して操状態へと転換してしまうことも、それゆえにリスクはあるのです。精神不安が一気に高まって自殺へと追い込まれてしまうなんてこともあります。

その他の薬以上に眠気がもたらされやすい・太りやすいといった要素もあります。胃腸障害や性機能障害などの副作用が起こることもあり、危険を察知したら使用をストップする決断も必要となるでしょう。

ジェネリック品が安く手に入りますが、副作用に素早く対応するためにもできれば医師に相談しながら正しい服用方法を続けられるようにした方が良さそうです。
とはいえ、パキシルは昔の抗うつ剤と比べると格段に副作用の出てくる割合もその重症度も軽くはなりました。
むやみに怖がる必要もなし、万が一に備えて医師との疎通を心掛けておくだけです。もちろん用法用量を守って正しく使用することも必要です。